スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2009年04月11日

シグP226、なのだが~。

2009.04.11
 やぁ、すっかりサボっておりましたぁ。
 前回は「梅」のハナシでしたが、気がつくとここ川越ではすっかり「桜」の季節ももう散る頃ですなぁ。

 仕事もそろそろ落ち着いてきたところだし、「子供達」も新学年(学校)にもなったし、というところです。
 最近はすっかり違うシュミで遊んでおりました。

 見ると、なんだか昨日はアクセスが200を超え、ちょっと戸惑っております。なんだろ。
 まったく更新しなかったなか、多くの皆様にご訪問いただきありがとうございます。

 そこでちょっと前に撮影した、「東京マルイ製シグP226」のアウターバレルをちょっと変更したのでアップをと。

 「自衛隊装備」をする上でやはり「シグ」は欲しいなぁ、と思っておりましたが、「P220」は一社だけ、ヴァリエーションも豊富なのだが、ね・・・(むにゃむにゃ・・・)
 既にメンバーがひとつ持っているので同じじゃぁ、なんだかツマラナイ・・・。
 
 そんなわけでちょうど中古で出物があったので購入したのだった。

 よくよく調べてみると「9ミリ拳銃」と「P226」はシルエットからして違うのだった。
 おお、そうなのかっ。

 真剣に装備を追及なさっておられる方々にしかられてしまいそうだがお気楽ゲーマーなのでご勘弁を。

 そんなわけで「さらに特殊なグループ」に所属している、と言うことにして「P226」をちょっと「ドレスアップ」することにしよう。
 ああ、イイカゲンだなぁ。

 

 アウターバレルを少し延長して「ネジ山」を見せちゃおう、ちょっとスポーティなシグ風だ。
 大陸のベガフォース製スティールアウターバレルだ。


 交換は至極簡単。
 普通にフィールドストリッピングをして差し替えるだけ。
 ちょっと並べてみた。

 一応両方、裏返しにしてみよう。

 両方とも上側が純正アウターバレル。(あっ、見れば分かるか)
 樹脂製でなんだかつやつやしている。
 あんまり気にならなかったのだが並べてみるとだいぶ違うのだ。

 刻印はどちらも「9mm Para」

 取り付けると質感は良くなったなぁ・・・。




 んで、コレの良いところは、ネジ山の部分だけ別パーツなので取り外せちゃったりするのだ。
 ネジ山は「14ミリ逆ネジ」なので持っているサウンドサプレッサをねじ込めるのだが、たぶんあんまり使わないなぁ。
 カッコだけ、かな。
 まま、ご存知のようにブローバックの作動音のほうが大きいので「消音」にならないだろうから。


 外したところのインナーバレルの見え方は純正と同じ(長さが同じだから当たり前だよ)

 それと、
 ランヤードは出来の良い「戦人」さんのモノを取り付けようと思ったのだが金具もコードも大きくて入らない。



 暫し考えて、結束バンドを使うことにした。
 軽くて強くて音がしない。しかも安い。


 無事に取り付けられたのだった。


 して、「戦人」さんのホルスターに入れると先はこんな感じ~。



 あっ、最近のシュミ・・・ 
 デジタルカメラを新調、久しぶりに「一眼レフカメラ」を手に入れちゃったので嬉しくてそちらで遊んでしまっております。

 


 ん、同じ「SHOOT」だからねぇ。  

Posted by ザラマンダー at 23:10Comments(4)武器庫

2008年04月22日

マルシンデリンジャー8ミリ

2008.04.21
 ええと、ちょいと前の写真なのだよ。
 8ミリBB弾の続きなのだがまだ、ありまっせ。
 マルシンデリンジャー8ミリだ。

 スタジオ(ウソ)で使っているモノがコンパクトカメラでしかもフラッシュを焚いちゃっているのでなんだか「愛」のない写真だなぁ。

 

 もちっと、きちんと撮影しよう。

  セイフティを兼ねているレバー(ラッチ)をグイッと180度回すと、バレルがグルッと上に回る・・・。

 上下2段のバレルにやはり大き目の(8ミリだから)BB弾をプチプチっと。
 6ミリの弾だと一つつまむにしても小さいなぁ、という感じだが、2ミリ大きいだけでダンゼン存在感が違うのだ。
 インナーバレルにしたって8ミリ用のはホントに「バレル」という存在感があるのだ。

 戻してレバーをロック。
 ハンマーを起こしトリガーを絞る・・・。

 バスン!と意外なほど大きな音で発射されるBB弾。
 面白くって何回も撃っちゃう・・・。

 命中精度はともかく、(そんなに悪くないが)撃って楽しい銃だ。
 カート仕様にカスタムする方法もあるようなのだが、このままで行っちゃおう。(ワタシはね)

 ゲームでの出番はあまりないなぁ・・・。
 プリンキング用だな。  

Posted by ザラマンダー at 00:47Comments(9)武器庫

2008年04月13日

ガンバレ!マルシンさん8ミリBB弾シリーズCOP357改

2008.04.12
 ええと、ちょっといつもと違うのだが・・・
 というのは、ショップの中古コーナーで手に入れたものなのだ。

 前のオウナァが手を加えているものなのだが、ちょっと面白いものだ。
 

 シルバーのロングボディにフロントサイト、リヤサイトが乗っかっている。
 グリップの下側にはフィンガーレストを増設。
 結果的には大きくなっちゃっているのだが良いのだ。

 そもそも、実銃は良く知らないのだが、COPって「Compact Off-duty Police」の略なのだそうだが、非番のお巡りさんんの「小型の銃」、ちゅうことなのだろうなぁ。
 
 ワタシが購入を考えたのはずばりその「変わった形」だ。

 4本バレルがあって、順番に発射される機構。
 クリックして中折れさせると中空の4つの穴が・・・


 覗くとちょうどシュワちゃん(おっと失礼、知事をつかまえてちゃんづけとは)の映画「コマンドー」で出てきた「ロケットランチャー」の様だよ(笑)。

 仕上げも良かったので購入したのだった。

 さて、8ミリのBB弾を一つづつバレルに込める・・・。

 カション、と閉じてセイフティ(写真と反対側だ。グリップ部分にある。)を外し、ダブルアクションオンリーのトリガーを・・・
 少々重いが、コンパクトな銃なのでこのくらいなのか?
 引ききるとバシュッ!と発射~。

 だけどねぇ・・・バレルが4本ある、ちゅうと思いっきりずれるのだ。(笑)
 お、面白い~!

 コツが分るとある程度は狙えるのだがせっかく立派なサイトがあるのに「当たらない」。
 もともと、至近距離でぶっ放す、という性格のものだから、こんなもんだろうなぁ、きっと。
 (本物を知らないんだも~ん)
 クセのある銃だけに面白いのだよ。
 使いこなしちゃろう、という気にさせる。
 
 ネタになりかねないが、機会があったらお試しを~。
 8ミリだから面白い、といえますぞ!!icon09  

Posted by ザラマンダー at 00:19Comments(4)武器庫

2008年03月07日

マルシンブレンテンMAXI8ミリ

2008.03.06
 第2弾だ。
 マルシンブレンテンMAXI。
 ABSのブラックモデルだが最初見たときはなんともへんてこな銃だなぁ、と言う印象。

 もちろん「マイアミバイス」で出てきたのは知っていたのだが、あんまり一生懸命見ていなかったのであんまり印象がないのだ。

 しかし良く見るとそのデザインがじわじわとボディブローのように・・・。
 ガンサイトの創始者ジェフ・クーパー氏の技術協力でドーナウス&ディクソン社が製造開発したモデルだそうだ。

 なるほど、Cz75をもとにデザインされただけあり、スライドとフレームの感じが良く似ている。
 ガンサイトのカラスのマークも入っている・・・。

 何よりも店頭で手にした途端、しっくり来るグリップフィーリング。
 おお、これだぁ~!(ナニがだ?)

 単なるイボイボなグリップなのだがなんとも握りやすいのだ。
 
 早速試射させてもらうと「パワー」もなんだかスゴイ。
 (もちろん改正銃刀法に合わせてメイカーにマガジンを送り、「対応して」あります) 
 なんだかグリップを握ってから妙に気に入ってしまって購入した一梃なのだった。
 文字の所に色を入れてみたりして・・・

 左上の所に6ミリ(白色)と8ミリ(灰色)のBB弾を並べてます。
 大きさの違いでターゲットにヒットした時の音や穴の大きさがかなり違うのが楽しい。

 問題があるとすれば、ワタシの場合だがセイフティが片側だけなので「レフティ=左が利き手」なワタシには困るのだ。
 ナニ、右手で使えばよいだけなのだが・・・(苦笑)
 マスターアイも左目なので右手で握るとちょっとへんてこりんな構えになるのだ・・・。

 ちょうどブルース・ウィリス氏演ずる「ダイハード」の「ジョン・マクレーン刑事」のような斜めの構えだ。
 (おお、良い方に回ったなぁ~は、さておいて。ニヤリ)

 トリガープルはちょっと重めだ。
 各部をすり合わせるともっと良いかも。
  

Posted by ザラマンダー at 00:01Comments(8)武器庫

2008年03月04日

ちょっとサボりすぎたなぁ。

2008.03.03
 前回日記を上げてからチョコッと時間を空けすぎました・・・。

 やぁ、お休みしちゃえ~、と思うとなんだか記事をアップするのに準備するのがゴニョゴニョ・・・・(汗)

 と言うわけで、コンバットマガジン3月号を見ていて思いついたのは~
 「ガンバレ8ミリBBシリーズ」 だったりするのだ。

 4月号が出てそれぞれお気に入りの「8ミリ弾エアソフトガン」が紹介されていたが、ワタシも「8ミリBB弾」がもっと普及しないかなぁ、と考えているのだ。

 そこで「便乗」ながら、頑張れマルシンさんということで、いくつか不定期ながら自分の持っている「8ミリ弾エアソフトガン」をアップしてゆこうかと思っております。

 第一弾はやはりこれかなぁ。

 マルシンM1911-A 18mmBBブローバックMAXI OPERATOR

  ちょっと写真が古いのですが御容赦を。
 丁度いろいろなメイカーからM1911ガバメントが出た時期だったのだが、新製品のアナウンスが出てからずっと待っておりました。

 マルシンさんに電子メールを送っちゃったくらい。face05
 丁寧なお返事をいただきました。

 さてさて、発売日にお店に行くと2丁あるじゃないですか。
 アンダーレイルが長いのと短いの。

 暫し悩みました~。
 う~ん、2丁とも!
 といえたらカッチョヨイのだが、短い方に。

 既にスタイルから言うと充分なカスタムになっているのでカスタムしたところは殆んどなし。
 ただ、イメイジとして「ファイティングガン」にしたかったので、ラバー製のグリップに交換。
 ホーグ社製の物がそのまま交換できました。
 これによりちょっと失礼ながら茶色のプラスティッキーなグリップから質感がアップしたかな。

 ガバメントのグリップはセイフティを一緒に握りこむため、正しくグリップを掴まないと発射できない。
 ただ、このオペレーターはトリガープルがすこぶる軽く、吃驚。
 いかにもカスタムな外観だけに軽くてよいのだけど暴発しちゃうくらい軽いのだよ。
 
 事実、メンバーにセイフティをかけ、「撃ってみます?」と手渡しした。
 セイフティを外し、トリガーに指をかけた途端、
 「ドカンっ!!」

 「おお~!すごいなこれ!」
 モチロン、射場でターゲットの方に銃口は向いておりました。
  
 もうひとつ、「レフティ=左利き射手」なので「スライドストップ」をロングタイプに変更。
 フリーダムアート社製のカスタムパーツだ。
 ノーマルのスライドストップはピンの部分と指架けの部分の接合がいまひとつうまく行っていないようで分解しちゃったのだ。
 直すのも良いがいっそのこと
 「グリップから手をずらさずに左手で操作できるようにしちゃえい、」
 と言う事にしたのだ。

 結果はよしよし♪

 ブローバックするショックもそこそこある。
 8ミリの弾丸が撃ち出され、ターゲットにボカンボカンと大きな穴が開いてゆくのは、
 「おお!.45インチの迫力だ~♪」
 という気にさせてくれる。

 あとはバレルを交換か・・・
 LD-2システムが聞いているのか良く分らないのだが、あちこちで不評の様子。
 もうちょっと使ってみて、やってみることにしよう。

 
 
   

Posted by ザラマンダー at 00:02Comments(2)武器庫